漁船から油流出 被害確認されず 石巻漁港

 11月29日午後0時25分ごろ、市民から「石巻漁港魚市場岸壁付近海上に油が浮いている」と118番があった。石巻海上保安署が調べたところ、同港に係留中の巻き網漁業付属船「広屋八号艇」(19トン)から燃料の重油の流出が確認された。流出量は推定約60リットル。

 同署によると、油は業者などにより回収され、漁業被害は確認されていない。


2019年12月01日日曜日


先頭に戻る