震災慰問ライブ 手品や歌、会場と一体に 石巻

マジックを披露したSOUさん(右)

 第2回東日本大震災慰問ライブが11月30日、石巻市中央2丁目のIRORI石巻で開かれた。マジシャンのSOUさん、シンガー・ソングライターの森下邦太さんと湖霧 晴さんらが登場し、パフォーマンスを披露した。

 SOUさんは、トランプやルービック・キューブを使った手品を来場者と一緒に行い、訪れた人を驚かせるとともに笑顔にしていた。

 森下さんは、オリジナル曲「身体(からだ)に悪いもの」で、来場者にストレスや毒素を吐き出してもらう掛け声を上げてもらったり、湖霧さんと映画「アラジン」のテーマ曲「ホール・ニュー・ワールド」をデュエットするなどした。

 訪れた人たちは楽しい時間を共有し、癒やしのパワーを受け取っていた。

 今回のライブはソーケングループ、日和幼稚園遺族有志の会が共催し、7月に続き2回目。

 有志の会の佐藤美香さん(44)は「震災から8年9カ月がたつが、心の復興は人それぞれ。あの日のことは忘れずに、しかし今、ここにいる人たちに寄り添っていきたい」と話していた。


2019年12月01日日曜日


先頭に戻る