イオンリテール、石巻市庁舎へ出店 市と合意書調印

出店合意書を披露するイオンリテールの辻氏と亀山市長

 石巻市役所1階の商業スペースにイオングループのイオンリテールが出店することが決まり、2日、市と同社で出店合意書の調印式が行われた。来春の開業を見込み、スーパーマーケットと薬局を併設し、イートインコーナーも計画している。

 調印式は市役所であり、亀山紘市長と同社専務執行役員東北カンパニー支社長の辻雅信氏(51)が出店合意書に署名した。

 亀山市長は「石巻の玄関口に出店し、地域にとって魅力で便利な店にしてほしい。市は最大限支援する」と話した。

 辻氏は「店舗の内容を吟味し、にぎわいを取り戻す拠点、市民の暮らしの発展に寄与したい」と述べた。

 市役所1階フロアは約4500平方メートル。2008年7月から核テナントとしてスーパー「エスタ」が営業していたが、17年5月に撤退。市は進出企業を2度公募したが決まらず、事業者を絞って誘致交渉を続けていた。

 イオンリテールは同年8月に閉店したサブテナント14店について出店の意思がある事業者と話し合いを進めている。

 商業エリアはエスタの売り場面積(共用部分含む)約3500平方メートルと同程度で計画されている。


2019年12月03日火曜日


先頭に戻る