女川の飛躍、年頭に誓う 新春年賀の会 各界から200人出席

石森理事長の音頭で乾杯する出席者

 女川町と町商工会主催の「令和2年新春年賀の会」が8日、同町浦宿浜の女川温泉華夕美であった。行政、経済、教育、スポーツなど各界から約200人が出席し、新年の飛躍を誓った。

 須田善明町長は「一人一人が思う良いまちになってもらえるよう全力で取り組んでいきたい」とあいさつ。

 商工会の高橋正典会長は「真のコンパクトシティー完成まで目前。明るい町にするために頑張っていきましょう」と呼び掛けた。

 町議会の佐藤良一議長らの祝辞、鏡開きの後、女川魚市場買受人協同組合の石森洋悦理事長の音頭で乾杯し、希望に満ちあふれる1年になるように願った。

 アトラクションでは、女川実業団が獅子舞を披露し、会を盛り上げた。


2020年01月11日土曜日


先頭に戻る