「みやぎの海の子作文」表彰 渡波小の阿部兄弟、そろって県知事賞

県知事賞を受賞した阿部壮汰さん(中央)、匠之介さん(右)兄弟

 県沿岸部の小中学生を対象にした第35回「みやぎの海の子作文」(県漁協女性部連絡協議会主催)の表彰式が7日、石巻市千石町の石巻グランドホテルで開かれた。石巻市渡波小1年阿部壮汰さん(7)、兄の同小6年匠之介さん(12)兄弟が最高賞の県知事賞を受賞した。

 壮汰さんは「日和大橋から見える海や、漁師の父のことを書いた。受賞できてうれしい」と喜びを話した。

 匠之介さんは「父の友人が行っているノリ養殖を手伝った経験や、印象深かった朝日のこと、海が大好きな気持ちを文章にした。漁業により関心を持つことができた」と笑顔で語った。

 県内の小中学校26校から107点の応募があった。

 県知事賞以外の石巻地方の入賞者は次の通り(敬称略)。

◇小学1〜3年
▽県漁業共済組合長賞 小野勝渡(渡波3)
▽県漁業信用基金協会理事長賞 後藤彩羽(東浜3)
▽農林中央金庫仙台支店長賞 新妻真陽(女川3)
▽県漁協女性部連絡協議会長賞 渡辺隆介(大原3)

◇小学4〜6年
▽県JF共済推進本部長賞 浜畑侑生(寄磯4)
▽日本漁船保険組合宮城県支所運営委員長賞 渡辺洸成(寄磯4)
▽農林中央金庫仙台支店長賞 木村海尋(鮎川4)

◇中学校
▽県漁業共済組合長賞 平塚優斗(万石浦2)
▽県漁業信用基金協会理事長賞 柳橋凜佳(荻浜2)
▽農林中央金庫仙台支店長賞 本田海咲(万石浦3)


2020年01月12日日曜日


先頭に戻る