つるし飾りに歓声 石巻・ひばり幼稚園児ら観賞

ケーキのつるし飾りを見つけて喜ぶ園児

 桃の節句にちなんだ「つるし飾り」の展示が、石巻市中里6丁目のギャラリーカフェ・ヌーンで開かれている。3月8日まで。

 店で開催している和工芸講習会の受講者や、店主の片岡多美子さん(74)が中心となり手作りした。ケーキなどのお菓子やイチゴやバナナ、スイカなどの果物、さらにはアニメのキャラクターなどのつるし飾りが39点並べてある。飾りの数は合わせて2700個。

 12日は近くの私立ひばり幼稚園の年少組の女児37人が訪れ、店内いっぱいに飾られた色鮮やかで、かわいい形のつるし飾りを笑顔で見上げていた。「プリンがあるよ」「こっちにはカニさんがいる」などと歓声が上がった。

 伊藤優美ちゃん(4)は「雪だるまがかわいかった」とにこにこ顔で話した。

 雪だるまは、昨年訪れた園児のリクエストで片岡さんが手掛けた新作。片岡さんは「作ってほしいものがあったら教えてね」と園児に話し掛けていた。

 午前10時半から午後5時(最終日は午後4時)まで。月曜・火曜定休。観覧料は200円、カフェメニューを注文したり、商品を買い上げたりすると無料になる。連絡先は0225(22)3911。


2020年02月15日土曜日


先頭に戻る