早春の花フクジュソウ、咲きそろう 東松島・大塩

冬枯れにかれんな花を咲かせるフクジュソウ

 暖冬傾向が続く石巻地方で、フクジュソウの黄色い花が咲き、春の訪れを告げている。

 東松島市大塩表沢の農業桜井清孝さん(71)方の庭でも、50株ほどあるフクジュソウが直径3センチほどの花を付けた。先月下旬に1輪の花が咲いたが、気温が上昇した2日ほど前に一気に咲きそろった。

 フクジュソウは、妻のあや子さん(71)が30年ほど前に自宅の土手に自生していた一部を移植したのが増えたという。

 今年は例年より10日ほど早く咲きそろった。山野草栽培が趣味のあや子さんは「今年は夫婦で年男と年女。雪が降らず水分不足のためか小さめの花びらだが、お互い健康に過ごせるよう思いを託した」と笑顔で黄色い花を眺めた。


2020年02月16日日曜日


先頭に戻る