女川2号機正式合格 規制委、新規制適合認める 東北の原発で初

再稼働の前提となる原子力規制委員会の審査に正式合格した女川原発2号機
須田町長へ報告に訪れた若林所長(右から2人目)=町役場応接室

 東北電力が再稼働を目指す女川原発2号機(女川町、石巻市)について、原子力規制委員会は26日、新規制基準への適合を認める「審査書」を決定した。東日本大震災で被災した原発として地震、津波対策を中心としてきた審査が、約6年をかけて合格となった。再稼働に向けて、今後は地元自治体による同意手続きなどが焦点となる。

 東京電力福島第1原発事故を受けた新基準に合格したのは、東北の原発で初めて。震災で被災した原発では日本原子力発電東海第2原発(茨城県)に続き2基目となる。

 東北電は安全対策工事が完了する2020年度以降の再稼働を目指すが、県や女川町、石巻市の同意手続きが必要で、具体的な時期のめどは立っていない。

 女川原発は、震災の震源に最も近い原発で、震災時は震度6弱を観測し、全3基が自動停止。高さ約13メートルの津波に襲われ、2号機の原子炉建屋地下が浸水した。

 東北電は13年12月に2号機の審査を申請した。想定する最大の揺れ(基準地震動)を580ガルから1000ガルに引き上げ、海抜約29メートル、総延長約800メートルの防潮堤の建設などを進める。

 規制委は新規制基準に基づき176回に上る審査会合を開き、昨年11月、審査書案を了承。事実上の「合格」となっていた。

 規制委の審査合格は9原発16基目。これまで再稼働した5原発9基は「加圧水型炉」。女川2号機は福島第1原発と同じ「沸騰水型炉」で、既に合格した東電柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)と東海第2は、いずれも地元同意の手続きが進んでおらず、女川2号機が先行する可能性がある。

 東北電の原田宏哉社長は「より高いレベルの安全確保に向けて安全対策工事を進めるとともに、各種訓練の充実を図るなど、設備面・運用面の両面からさらなる安全性の向上に継続して取り組む」とのコメントを発表した。

<再稼働、地元同意が焦点に>

 東北電力女川原発2号機が原子力規制委の適合性審査に合格したことを受け、再稼働を巡る焦点は地元自治体の同意手続きに移る。

 村井嘉浩知事は国の同意要請を受け、立地自治体をはじめとした県内市町村の首長や県議会の意見を聞き、判断する方針。再稼働には東北電との安全協定に基づく県、女川町、石巻市との同意も必要になる。

 県が設置した有識者による安全性検討会は、7日の会合で実質的な議論を終え、次回以降に意見をまとめる。

 石巻市危機対策課は「専門家の報告を受けて東北電に回答する。知事への意見では、議会の意思や再稼働のメリット、デメリットなどあらゆる側面を勘案する」と説明した。

 再稼働の是非を巡っては、議会が陳情や請願の採択などで同意を表明したケースも多い。

 女川町議会事務局には今月、再稼働の推進派と反対派から請願書や陳情書が提出された。推進派の町商工会は、再稼働に対する意見書を町と県に出すことを求める陳情書を提出。反対派からは、広域避難計画の実効性が確認されるまでの不同意や、再稼働反対を求める請願書が出された。

 町議会は26日、議会運営委員会で、陳情書と請願書の審議を原発対策特別委員会に付託する方針を決めた。本会議で採択・不採択を議決する場合は、6月定例会以降になる見通し。

 県議会と石巻市議会には、直近では再稼働を巡る請願や陳情は提出されていない。

<各首長「安全確保が最重要」>

 東北電力女川原発2号機(女川町、石巻市)が原子力規制委の適合性審査に合格した26日、地元自治体の首長らは安全対策の徹底を引き続き求め、地元同意の手続きを慎重に進める方針を示した。

 村井嘉浩知事は取材に、「大きな節目であることは間違いない。県議会や県内の首長、原発30キロ圏内の緊急防護措置区域(UPZ)も含む住民の意見を聴き、判断する」と述べた。

 女川町と石巻市には、女川原発の若林利明所長らが報告に訪れた。須田善明町長は「安全の確保が最重要。安全対策を中心に尽力してほしい」と要請。取材に対しては、「一つ一つの積み重ねが判断材料になる。住民代表の議会の声は重要で、そこと乖離(かいり)することはないと思う」と語った。

 亀山紘市長は「議会の意見を聞いて方向性を出していく」と説明。広域避難計画に実効性がないとして石巻市民が昨年11月、市と県を相手に同意の差し止めを求めた仮処分については「仮処分の結果もみて判断する」と述べた。

 UPZに入る東松島市の渥美巌市長は「審議が厳格に行われた結果と認識している。東北電に対し、安全対策工事は安全協定に基づく説明が十分になされ、慎重に実施するように要請する」との談話を出した。

 地元住民からは賛否の声が上がった。仮処分を申し立てた石巻市民の代表の原伸雄さんは「規制委は避難計画を審議していない。問題だらけの計画のままで同意できるのかを問い続けていく」と話した。

 女川町民らの「原発の危機から住民の生命と財産を守る会」の高野博事務局長は「合格が出ても安全の保証にはならない。住民説明会で規制委のずさんさや甘さをただす」と語った。

 「早く再稼働してほしい。その一点に尽きる」と語ったのは女川町商工会の高橋正典会長。「原発の稼働で備品や食料などの納入が多くなり、経済効果がある」と強調した。


2020年02月27日木曜日


先頭に戻る