女川・小乗浜、きょう新県道開通 半島部の復興後押し

22日に開通する小乗浜地区の復興道路

 県が復興道路事業で整備した女川町小乗浜地区の防災集団移転団地と町中心部を結ぶ県道が、22日午前11時に開通する。同地区の防集団地や半島部の住民らのアクセス向上につなげる。

 開通するのは、県道女川牡鹿線と県道牡鹿半島公園線をつなぐ約1キロの区間。片側1車線で道路幅は6メートル、最大で海抜80メートル。区間内には小乗トンネル(延長225メートル)と橋(延長169.4メートル)も新設した。

 2012年度に事業着手し、15年度に着工した。総事業費は約30億円。現道との取り付け工事が一部残っているため、来年度中に事業が完了する。
 当初予定していた開通記念式典は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取りやめた。

 県東部土木事務所の担当者は「県道の開通で小乗浜地区の防集団地の住民を含め、半島部の住民のアクセスが向上する。産業や観光振興にも大きく寄与すると期待している」と話す。

 県が進めている復興道路事業は、来年度末の完了を目指している。


2020年03月22日日曜日


先頭に戻る