女川・多目的運動場、あすオープン 人工芝や防球ネット完備

色鮮やかなグリーンの人工芝が目を見張る多目的運動場。ジュニア用サッカーのゴールが見える

 女川町多目的運動場が4月1日にオープンする。町内外問わず使用が可能となり、新型コロナの影響で外出を控えた子どもも多いことから町教委生涯学習課は「広々とした運動場で思いっきり体を動かしてもらえれば」と、利用を呼び掛けている。

 こけらおとしを兼ねて1日から3日まで開催を予定していた全国規模の少年サッカー大会「アイリスオーヤマ プレミアリーグU−11チャンピオンシップ2020」(実行委員会主催、町、町教委共催)は、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、夏休み期間の7〜8月に延期となった。

 多目的運動場は、グラウンドの舗装を土からロングパイルの人工芝に切り替えた。転倒時に衝撃を和らげるアンダーパットを導入。サッカーだけでなく、ラグビーやソフトボールなどにも対応できるのが特徴で、高さ15メートル前後の防球ネットも備えた。2月末に完成し、色鮮やかなグリーンの人工芝が目を見張るほか、ダッグアウトやジュニア用サッカーのゴール4基も設置。照明施設も完備している。

 オープンを前に複数の団体から申し込みがあり、順調な滑り出しだ。町教委生涯学習課は今後、多くの町民に親しんでもらえるように愛称の公募や、ネーミングライツ導入も視野に入れて準備を進める。

 町民の利用や、町内スポーツ少年団、団体が練習などに利用する場合は無料となる(ただし、大会は除く)。運動場を管理する町教委生涯学習課体育振興係は、ダッグアウトの入り口を開放。子どもだけでなく町民誰もが利用できるよう配慮する。

 総合体育館で受け付けをした後に利用できる。連絡先は総合運動場0225(53)3151=火〜日曜日午前9時〜午後5時、月曜定休=。

 主な利用料金は次の通り。

【貸し切り】

◇入場料を徴収しない場合
▽アマチュアスポーツ/半面830円、全面1650円(午前9時〜正午)
▽その他の催し/9900円(午前9時〜正午)

◇入場料を徴収する場合
▽アマチュアスポーツ/4950円
▽その他の催し/1万4850円(午前9時〜正午)

◇個人使用
▽小・中学生/1人2時間50円
▽高校・大学生・一般/1人2時間110円

 このほか、午後(午後1〜5時)、午前午後(午前9時〜午後5時)、時間外などもある。付帯設備器具を使用する場合、有料となる。


2020年03月31日火曜日


先頭に戻る