春の叙勲 石巻地方9人、喜びを語る

 2020年春の叙勲の受章者が29日付で発表された。石巻地方からは、社会や地域、産業に貢献した10人が地方自治や消防、海事、中小企業振興などの功労で受章した。このうち、9人が受章の喜びを語った。

◇旭日双光章(地方自治功労) 元石巻市議・高橋誠志さん(70)=石巻市南境
 旧市を含め石巻市議を1996年から連続6期、2006年から2年間は議長を務めた。「大変ありがたく名誉なこと。多くの方々の支援のおかげ」と感謝する。
 在職中は議会基本条例や政治倫理条例の制定など議会改革に尽力した。引退後は、行政委員として市政に関わる。市議会に対して「『温故知新』を念頭に市勢発展のために政策提案できる集団になってほしい」と願う。


◇旭日双光章(保健衛生功労) 元石巻市医師会会長・舛真一さん(71)=石巻市茜平
 石巻市医師会会長を5期10年にわたり務め、地域医療に尽力してきた。受章は「光栄に思う」と話す。
 2011年の東日本大震災では、医師会会員の大半が被災した。「当時は大変だったが、石巻赤十字病院を中心にたくさん助けてもらった」と感謝する。
 医師会の会員減少や高齢化を課題に挙げる。「開業医や勤務医の垣根を越え、協力することが必要」と期待する。


◇旭日双光章(自動車整備事業振興功労) 元県自動車整備振興会副会長・阿部貞夫さん(73)=石巻市湊町
 自動車整備の仕事を始めて約45年。「昔は道路環境が悪く、車が故障しやすかった。いつも仕事に追われていた」と振り返る。
 整備会社を経営する傍ら、技術講習の講師を長年担当。2014年からは県自動車整備振興会の副会長も約3年間務めた。会社は東日本大震災で被災し、再開に半年を要した。「多くの同業者に助けてもらった。受章を機に、改めて感謝したい」


◇瑞宝双光章(地方自治功労) 元東松島市副市長・大沼雄吉さん(72)=東松島市小野
 旧鳴瀬町と旧矢本町の合併(2005年4月)で誕生した東松島市の副市長を06年10月から14年9月まで2期8年務めた。受章は「名誉なこと。青天のへきれき」と話した。
 東日本大震災では現場を丁寧に回った。「自身も被災し、家族を亡くしながらも懸命に職務に当たった職員、全国からの派遣職員の皆さんは本当にありがたかった。感謝している」と振り返る。


◇瑞宝双光章(郵政事業功労) 元日本郵政公社職員・根本貞美さん(71)=石巻市蛇田
 2013年3月に渡波郵便局長で退職するまで宮城、福島、東京などで42年間郵政業務に携わった。「家族など多くの支えでがあり受章できた」と感謝する。
 人材育成をモットーに若い世代の主体性を育て、地域との交流の大切さも説いた。「インターネットによる情報社会が急激に進展するが、年賀状といった日本の良き風習、伝統を守り郵政の将来につなげてほしい」


◇瑞宝単光章(海上保安功労) 鮎川港南防波堤灯台灯火監視協力者・相原政市さん(76)=石巻市鮎川浜黒崎
 父親(渉さん)に次いで2代続けての受章。それだけに「本当にうれしい」と喜びを語る。鉄工所を経営する傍ら、1990年から30年にわたり、鮎川港南防波堤灯台灯火の監視協力者として尽力してきた。
 震災後、鉄工所の経営は断念を余儀なくされたが、今なお目を光らせ、航海の安全を祈る日々。「今後もできる限り続けていきたい」と意欲をみせる。


◇瑞宝単光章(海事関係功労) 元第86龍神丸漁労長・津田興志さん(78)=石巻市大宮町
 高校卒業と当時に鈴木漁業に入社。以来、約50年小型底引き網船に乗り、漁労長として船員らを率いた。受章に「いい会社と仲間、家族に恵まれた」と感謝する。
 主に宮城県沖でタコやカレイなどを漁獲した。東日本大震災の翌年に船を降りた。近年は海洋環境の変化で取れる魚種が減り、漁獲量も減少が続く。「あの頃の海が復活してほしい」と願う。


◇瑞宝単光章(消防功労) 元石巻市消防団副団長・岸波良一さん(73)=石巻市渡波念仏壇
 驚きながらも「家族の支えと、先輩や後輩に恵まれたおかげ」と感謝する。
 1973年に消防団に入団、昨年3月まで約46年間任務に当たった。東日本大震災では、石巻市南浜町で懸命の消火活動を行った。
 「年数を重ねただけで受章に値するのだろうか」と謙虚に話し、「一度入った以上は退団まで市の役に立ちたかった」と責任感の強さを見せた。


◇瑞宝単光章(消防功労) 元石巻市河南消防団長・鈴木俊雄さん(70)=石巻市和渕
 「仲間の支えと地域の皆さんの協力があればこその受章。感謝しかない」と話す。
 1970年に消防団に入り、2008年から団長を務めた。東日本大震災時は、給水車で地区を駆け回った。避難してきた被災者の受け入れに心を砕いた。退団後もOBとして昨年まで地域防災の第一線に立った。「地域の安心安全を託したい」と後輩にエールを送る。


2020年04月29日水曜日


先頭に戻る