特定給付金 石巻市19日にも支給開始 東松島市13日、女川町29日から順次

■石巻市

 石巻市の亀山紘市長は8日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策として全国民に一律10万円を支給する特別定額給付金について、オンライン申請分の支給を19日にも始める方針を明らかにした。

 マイナンバーカードを使ったオンライン申請は1日に受け付けを始め、7日までに406件を受理した。郵便による申請の申請書は14日から順次、発送を開始。15日から申請を受け付け、支給は22日をめどに始める。

 市は1日に特別定額給付金室を設置した。大型連休期間も対応したコールセンターには、7日までに339件の相談があった。申請書の郵送や給付の開始時期、オンライン、代理申請の方法が多かったという。

 相沢和宏室長は「休業や失業で収入が減った人がいるだけでなく、さまざまな影響で家計が厳しくなっていると思う。一日でも早く届けたい」と話した。

 給付金は感染拡大防止のため、窓口での受け付けは実施しない。申請には世帯主や振込口座を確認する書類の写しが必要で、市は自宅や周辺に書類をコピーする環境がない高齢者らを念頭に、各総合支所などで相談を受け付けることを検討している。


■東松島市

 東松島市は8日、全1万6090世帯(対象3万9596人)に申請書を発送した。11日に郵便による受け付けを開始する。

 支給はオンライン申請分の13日を皮切りに、大半を占める郵送分を19、22日に各口座に振り込む。以降は受け付け順に、毎週火曜日を基本に振り込む。


■女川町

 女川町は20日に申請書の送付を始める予定。郵送、オンラインともに22日から受け付けし、29日に支給を始める。


2020年05月09日土曜日


先頭に戻る