石巻市議会一般質問 市、来年度末まで端末配備

 石巻市議会6月定例会は16日、一般質問を始めた。オンライン学習などに活用するタブレット端末の市内小中学生への配備について、市は完了時期が2021年度末になる見通しを示した。

 端末配備と学校の通信環境整備は、国が「GIGAスクール構想」として推進する。新型コロナウイルスの感染拡大で臨時休校が長期化したことを受け、オンライン授業での活用検討も進んでいる。

 市は最適な通信方式などの検討を進めている。20年度内に配備する自治体も多いとの指摘に対し、亀山紘市長は「加速しなければいけない。課題を検討し、できるだけ早く渡せるようにする」と理解を求めた。

 感染拡大に対する医療体制の整備も取り上げられた。亀山市長は「県や医師会と連携して発熱外来の整備を検討する」と答弁。市立病院への設置について、市病院局は「かかりつけ医の協力が必要。一病院では無理がある」と否定した。

 東日本大震災の被災世帯に生活再建費を貸し付ける災害援護資金に関して、市は新型コロナの影響による支払い猶予などの相談が139件あったと明かした。

 黒須光男、阿部和芳、斎藤澄子、鈴木良広、星雅俊、千葉正幸の6氏が質問した。


2020年06月17日水曜日


先頭に戻る