しょくば拝見>社会福祉・障害福祉施設みらい(東松島市大曲)

心を込めて利用者の対応に当たるスタッフ

<安心できる場所を提供>

 4月に業務を開始したばかりの障害福祉施設。現在、石巻、東松島両市の18歳から60代の男性6人、女性1人が利用している。利用者の要望に応じて、生活介護や各種支援活動に取り組む。利用者は健康チェックはもとより、体操、カラオケ、ドライブ、バラエティーに富んだ創作活動などを通して、穏やかな1日を過ごす。

 家族からは「自宅でも落ち着くようになり、笑顔が増えた」「子どもを預けて、安心して仕事に行けるようになった」といった声が寄せられ、施設管理者の佐藤正子さん(65)の顔もほころぶ。

 長年にわたり、介護職に携わってきた佐藤さんは「障害者や家族が安心して生活できるような場を少しでも提供したかった」と一念発起。活動趣旨に賛同したサービス管理責任者の沼津美千代さん(51)らスタッフの協力で、新たな一歩を踏み出した。

 名称の「みらい」は「障害者が未来に向かって、羽ばたけるように」との願いを込めた。モットーは「利用者の立場で、常に寄り添う」。

 スタッフは男性1人を含む8人。沼津さんは「障害者を抱える家族の悩みは尽きない。自分だけで抱えこまず、相談があれば応じていきたい」と付け加える。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、細心の注意を払いながら、スタッフは「心を込めたきめ細かなサービスに努めていきたい」と決意を語る。

■会社概要
 佐藤さんの長男一雄さん、次男隆さんが中心となって設立した合同会社タカワが運営する。定員は20人。時間は午前10時から午後4時(お盆、正月は除く)。見学会もある。月〜金曜日午前9時〜午後5時。東松島市大曲筒場9の5。0225(98)5461


2020年06月30日火曜日


先頭に戻る