福島で石巻PR 11日から物産・観光展 県東部振興事務所

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で打撃を受けている物産販売や観光の回復につなげようと、県東部地方振興事務所は11日から26日までの16日間、福島県国見町の道の駅「国見 あつかしの郷」で「石巻地域の物産と観光展inあつかしの郷」を開く。

 道の駅側から話が持ち掛けられたのを契機に検討。緊急事態宣言が全面解除され、県境をまたぐ移動が6月19日に解禁されたことに伴い実現した。

 コロナ禍で売り上げが落ち込む水産加工品をはじめ、石巻地方の地場産品の販売促進と観光PRを通じた誘客を図る。東日本大震災からの復興状況も発信する。

 期間中、新鮮なホヤや鯨肉、金華さばなどの水産物を中心に、石巻地方の多彩な地場産品が登場する。観光関係の映像も流す。開催時間は午前10時〜午後4時。11日は石巻、東松島、女川3市町から7事業者が出店する。

 初日はオープニングセレモニーがあり、仙台・宮城観光PRキャラクターの「むすび丸」のほか、石巻地方のイメージキャラクターが駆け付ける。


2020年07月09日木曜日


先頭に戻る