しょくば拝見>飲食業・宮城実業(石巻市大森)

顧客満足度の高い店を追求し、結束が固い社員たち

<廻鮮丸など10店舗展開>

 石巻市内で、すしを中心とした和食レストラン「廻鮮丸」、多国籍料理店「ご馳走や」、定食屋「また来て屋」をメインに、県内でラーメン店7店舗も営む。

 千葉正社長(73)は「お出迎えから見送りまで顧客満足度の高い店」を追求し、「料理人は食材を吟味して調理している。弊社で開発した調味料やスープを元にラーメンやうどん、そばを提供し、他店との差別化を図っている」と強調する。

 東日本大震災でラーメン店4店舗が流失し、会社を清算しようと考えたが、「やめないでほしい」と従業員に背中を押され、事業の継続を決意した。

 「従業員は家族」。千葉社長は一人一人の生活様式を把握し、働き方や健康にも気を配る。従業員の平均年齢は45歳で、10年ほど前に定年制を廃止した。

 調理を担当する阿部竜一さん(44)は「家族のように支え合って仕事をしており、やりがいのある職場だ」と笑顔で話す。

 「廻鮮丸」は多世代が満足できるメニューをそろえ、家族連れの来店が多い。千葉社長は「新型コロナウイルスの感染防止で外出が自粛された期間は(営業的に)厳しかった」と振り返り、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が全面解除されたことに伴い「客足が戻ってきている」と言う。

 妻で専務のよし子さん(72)と会社を立ち上げ41年がたった。「地域のお客さんにより満足してもらうための店づくりをしていく」と力を込める。

■会社概要
 1979年創業・設立。元々はラーメン店からスタートし、「廻鮮丸」(石巻市あけぼの1丁目)は96年、「ご馳走や」(同市あけぼの2丁目)は2002年、「また来て屋」(同市門脇元浦屋敷)は翌03年に開店した。経営理念は「共に豊かになろう」。資本金1000万円。社員は80人。石巻市大森大平99。0225(25)4020。


2020年07月14日火曜日


先頭に戻る