女川2号機再稼働 あす総務企画委採決 石巻市議会

 東北電力女川原発2号機(女川町、石巻市)再稼働の地元同意を巡り、石巻市議会の総務企画委員会と総合防災対策特別委員会の連合審査会は15日、委員間の意見交換を実施し、審議を終結した。総務企画委は賛否双方の請願・陳情計2件を17日に採決することを決めた。審査会では再稼働容認の意見が多数を占めており、賛成の陳情を採択する公算が大きい。

 総務企画委は委員7人で構成し、採決は委員長以外の6人で実施する。24日の9月定例会本会議で結果を報告し、議長を除く全議員による採決で、議会としての結論が出される見通し。亀山紘市長は地元同意の判断で市議会の意見を重視する考えを示している。

 審査会では原発の安全性や広域避難計画の実効性について主張を出し合った。委員からは「安全性は新規制基準の中で適切に判断された」「具体化していない避難計画を了解することはできない」などの声が上がった。

 意見交換終了後、連合審査会の審議終了が委員に諮られ、全会一致で審議終結が決まった。総務企画委の奥山浩幸委員長は「意見はほぼ出尽くした。次の委員会で採決する」と語った。

 市議会には市内15の市民団体が反対の請願書を、同市の牡鹿稲井商工会が早期再稼働を求める陳情書を提出した。連合審査会は7月に設置され、7回の会合を開催。内閣府や原子力規制庁、資源エネルギー庁、県から説明を受け、女川原発視察も実施した。


2020年09月16日水曜日


先頭に戻る