新型コロナ 石巻で3人目の感染者 市が対策本部会議

 県は15日夜、石巻市の40代女性会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。石巻で3人目の感染者で、感染経路は不明。重篤ではなく、療養先を調整している。

 女性は9日に発熱で医療機関を受診。10日に解熱したが、11日に喉の痛みを訴え、13日に味覚、嗅覚障害の症状が出て医療機関を受診した。14日に帰国者・接触者外来を受診し、15日に陽性が判明した。

 女性は7、8日に出勤した。濃厚接触者は同居家族で、その他の濃厚接触者や詳しい行動歴は調査中。発症前2週間は海外への渡航歴はなく、県外への外出もない。

 3人目の感染者が出たことを受け、市は16日、新型コロナの対策本部会議を開き、対応を協議。電話での健康相談窓口を土日祝日も開設することを決めた。

 亀山紘市長は「市民には『新しい生活様式』を意識し、感染予防対策を徹底してほしい。感染者の誹謗(ひぼう)中傷や風評につながる行動を取らないよう、理解と協力をお願いする」との談話を出した。

 石巻では7月3日、20代会社員女性と50代アルバイト女性の2人の感染が初めて確認された。


2020年09月17日木曜日


先頭に戻る