慶長遣欧使節帰国400年、記念シンポ 足跡たどり意義考える

慶長遣欧使節の果たした意義について考えたシンポジウム

 慶長遣欧使節の帰国400年を記念した式典とシンポジウムが22日、仙台市青葉区の仙台国際ホテルであった。県、公益財団法人慶長遣欧使節船協会、河北新報社の主催。仙台藩祖伊達政宗の命を受けてスペインやローマを旅した支倉常長らの足跡をたどり、使節派遣の意義を考えた。

 関係者や市民ら約200人が参加。式典で慶長遣欧使節船協会会長の村井嘉浩知事は「先人たちの壮大な歴史的偉業をたたえるだけでなく、困難な課題解決へ向けた強い意志を継承し未来を展望する契機にしたい」とあいさつした。

 シンポジウムには伊達家18代当主の伊達泰宗、元仙台市博物館館長の佐藤憲一、カトリック長崎大司教区大司教の高見三明、東北大名誉教授の平川新の4氏が登壇。県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)館長の浜田直嗣氏がコーディネーターを務め、講演と意見交換を行った。

 平川氏は使節の帰国が幕府の鎖国政策に影響を与えたと説明。「(外国との)貿易交渉が成功していたら、仙台藩は徳川家に滅亡させられていた可能性がある。交渉の不成立は失敗ではなく、仙台の発展や新しい日本をつくる契機になった」と持論を述べた。

 佐藤氏は史料から見える政宗の人柄を紹介し「夢を常に持ち続けたことや、家族、家臣との絆を大切にしたことが困難を乗り切る力になった。今の時代に通じることが多い」と説明した。

 石巻市出身の俳優芝原弘さんとピアニスト石垣弘子さんによる「サン・ファン・バウティスタ号賛歌」の朗読と演奏もあった。


2020年09月24日木曜日


先頭に戻る