そろばんオンライン全国グランプリ 石巻の4人、満点で1位

一般の森さんとともに、学生で1位に輝いた(左から)藤井さん、林君、亀山さんの3人

 石巻市双葉町の「はやしそろばん総合学園」に通う4人が、7月に開催されたそろばんのオンライン全国大会「無差別オンライングランプリ」(全日本競技そろばんネットワーク主催)で満点を獲得、全国1位に輝くという快挙を成し遂げた。

 1位となったのは、いずれも石巻市在住の会社員、森拓磨さん(28)、東北大3年の藤井智貴さん(22)、同1年の亀山太陽さん(19)、山下小6年の林諒君(12)。乗算、見取暗算など6種目全てで100点満点の計600点を取った。

 全国から513人が参加し、満点での1位は14人。団体別でも埼玉県の「そろばん教室USA」の3人を上回り、最多だった。

 今回のオンライン大会は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、会場に集って競う従来の大会が中止になる中、各そろばん教室から参加できるようにと工夫し、初めて開催された。

 4人とも「はやしそろばん総合学園」の教室から、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を介して参加した。

 1位となった4人とも、過去に全国大会で優勝するなど実力を発揮してきた。林君は昨年開かれた「2019年全国そろばんコンクール」(一般社団法人日本珠算連盟など主催)の小学5年の部で、日本一に輝くなどしている。

 藤井さんは「どんな状況でも実力を発揮したいと思い、集中して臨んだ」と話す。亀山さんは「メンタルを鍛えるいい機会になった。今後はオンラインの大会も増えると思う」と気を引き締めていた。


2020年09月30日水曜日


先頭に戻る