門脇から震災教訓発信 伝承交流施設、来年3月開館予定

「MEET門脇」の完成予想図(3.11みらいサポート提供)
地鎮祭でくわ入れする中川専務理事

 東日本大震災の伝承活動に取り組む公益社団法人「3.11みらいサポート」(石巻市)は、体験型の震災伝承交流施設「MEET門脇」を石巻市門脇町4丁目に新設する。震災から10年を迎える来年3月に開館する予定。震災の津波と火災で大きな被害を受けた南浜・門脇地区から震災の教訓を発信する拠点を目指す。

 敷地約800平方メートルに、木造2階、延べ床面積約447平方メートルの施設を建設する。施設整備費は約9000万円。来月着工する。

 1階は子ども向けの体験型防災学習スペースや、震災遺族から提供された被災資料、南浜・門脇地区の町並み模型などを展示する。シアタールームもあり、100人以上の地域住民からの聞き取りを基に制作した震災直後の避難行動を追体験できる映像を大画面に映し出す。2階は事務スペース。

 南浜・門脇地区には一度に大人数を受け入れられる伝承施設がなかったことから、より多くの人が震災の教訓に触れられるよう整備する。来年3月に開園する石巻南浜津波復興祈念公園や、震災遺構として整備が進む旧門脇小との相乗効果や来訪者の調整を担う。

 周辺の伝承施設を巡るツアーや、防災学習プログラム、防災アプリ「石巻津波伝承AR」を使ったフィールドワークなどの発着拠点としても活用。施設の来訪者と地域住民の出会いの場としての機能も見込む。

 みらいサポートの中川政治専務理事は「この地区は日常生活の中に震災遺構や伝承施設があるのが特長。訪れる人と地域の方が一緒になって、未来の命を守るために学べる場所にしたい」と話した。

 27日に現地で地鎮祭があり、県や市、門脇町内会の住民ら計約20人が参加。神事を行い、工事の安全を祈った。


2020年10月28日水曜日


先頭に戻る