都市対抗野球大会>きょう開幕 日本製紙石巻、3年ぶり出陣 初戦は24日

本大会へ向け打撃練習に励む日本製紙石巻の選手たち
安永敦美石巻工場長

 第91回都市対抗野球大会(公益財団法人日本野球連盟ほか主催)が22日、東京ドームで開幕する。全国各地の予選を勝ち抜いた31チームと前回大会を制したJFE東日本(千葉市)が出場し、トーナメントで社会人ナンバーワンを争う。

 日本製紙石巻(石巻市)は東北地区の予選を勝ち抜き、第2代表として3年ぶり5度目の出場を決めた。大会3日目の24日午後6時、九州第2代表の西部ガス(福岡市)との初戦に臨む。2013年の8強超えを合言葉に、「一戦必勝」で勝ち進む。

 今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、7月に予定されていた社会人野球の二大大会の一つ、日本選手権が中止に。全国各地でのJABA大会など公式戦も開催が見送られ、今大会が地区の枠を超えて力を競い合う唯一の舞台となる。

 日本製紙石巻はあと一歩のところで全国行きを逃した2年分の悔しさと石巻からの声援を力に変え、持ち味の「粘りの野球」で強豪に挑む。


■安永敦美石巻工場長「応援を力に変えてプレー」

 第91回都市対抗野球大会本戦への出場権を勝ち取ることができました。ひとえに石巻市民の皆さまをはじめ、日本製紙従業員、関係者の皆さま方のご支援、熱き応援のたまものであります。選手、監督、コーチ、スタッフ一同、心より感謝申し上げます。

 今回は3年ぶり5回目の出場となります。県予選、東北代表決定戦においては厳しいゲームの連続でしたが、戦いを重ねるごとに、チームのスローガン「WE ARE ONE!」となって、ようやく持てる力を発揮できるチームになったと実感しています。皆さま方に久しぶりに明るいニュースを届けることができ、石巻市の名前を全国に届けることができます。

 今年は、新型コロナウイルスの感染拡大により、人や物の動きが制限され、社会・経済活動が大きく停滞しています。このような状況の中で野球をできることに大きな喜びを感じ、この環境をつくっていただいている全ての皆さま方に感謝しながらプレーを続けてきました。皆さま方の応援を120パーセントの力に変え、東京ドームで素晴らしい活躍をしてまいります。引き続き応援をお願いします!


【第91回都市対抗野球大会出場の歩み】

◆1次予選県大会(8月22日〜24日、仙台)
▽1回戦
 ○25―0 青葉クラブ(五回コールドゲーム)
▽準決勝
 ●2―7 七十七銀行
▽敗者復活戦
 ○7―2 東北マークス

◆2次予選東北大会(10月6日〜14日、福島)
▽1回戦
 ○10―0 オールいわきクラブ(七回コールドゲーム)
▽準々決勝
 ○3―0 トヨタ自動車東日本
▽準決勝
 ● 0―1 TDK
▽敗者復活3回戦
 ○4−1 JR盛岡
▽敗者復活4回戦
 ○4―3 七十七銀行(延長十三回タイブレーク)
▽第2代表決定戦
 ○5―2 JR東日本東北
 


2020年11月22日日曜日


先頭に戻る