<ツール・ド・東北2019>仙台発コース拡充 エントリー方式は抽選販売に一本化 9月14、15日開催

 東日本大震災の復興支援を目的に、宮城県沿岸で開かれる自転車イベント「ツール・ド・東北2019」(河北新報社、ヤフー主催)の実行委員会が15日、県庁であり、7回目となる今年の開催日が9月14、15の両日に決まった。一般ライダーの走行を2日目に集約し、仙台市、東松島市が起点だった二つのグループライドを統合・拡充したコース(60キロ)など計6コースで実施する。エントリー方式は抽選販売に一本化する。
 「仙台発奥松島グループライド」は、仙台市中心部をスタートして太平洋沿岸を北上し、塩釜港(塩釜市)で貸し切り遊覧船に自転車を積み込んで乗船。「日本三大渓」の一つ、嵯峨渓などの景観を楽しみながら奥松島(東松島市)に渡り、再び自転車で全コースのゴールとなる石巻専修大(石巻市)を目指す。
 他の5コースは気仙沼(210キロ)、南三陸(170キロ)、北上(100キロ)、女川・雄勝(65キロ)の各フォンドがいずれも同大発着。気仙沼ワンウェイフォンド(100キロ)のみ気仙沼市を出発する。牡鹿半島チャレンジグループライドと南三陸ワンウェイフォンドは休止し、サイクルツーリズム促進に向けた自治体主体の関連イベントを検討する。
 初日の14日は、来年以降の岩手、福島両県への走行エリア拡大に向けて、福島県発、宮城県南部発の2コースを大会関係者が走る視察ライドを実施する。
 全体の参加規模は約3700人。エントリー方式は先着順を取りやめてインターネットの抽選販売のみで行い、4月16日からコースごとに順次受け付ける。詳細は3月中旬に公式サイトなどで発表する。


2019年02月16日土曜日


先頭に戻る