<ツール・ド・東北2019>きょうからエントリー まずは「気仙沼」「南三陸」

志津川湾周辺を快走するライダー。=2018年9月、宮城県南三陸町

 東日本大震災で被災した宮城県沿岸部を自転車で巡る「ツール・ド・東北2019」(河北新報社、ヤフー主催)は16日午後8時、気仙沼フォンド(210キロ)と南三陸フォンド(170キロ)の2コースでエントリー受け付けを開始する。
 7回目となる今年は、計6コースで9月15日に一般参加者によるライドを実施する。いずれのコースも、公式サイトで受け付け、抽選を行う。
 気仙沼、南三陸の2コース以外のエントリー受け付けは、北上フォンド(100キロ)と女川・雄勝フォンド(65キロ)、気仙沼ワンウェイフォンド(100キロ)の3コースが17日午後8時、残る仙台発奥松島グループライド(65キロ)は5月15日に開始する。
 募集人員は、6コース合わせて3700人。抽選結果は後日、発表する。
 公式サイトのアドレスはhttps://tourdetohoku.yahoo.co.jp/


2019年04月16日火曜日


先頭に戻る