<ブルベリッ娘とブルピヨ>ゆるキャラGP初挑戦 50位内ならテーマソング制作

「ブルベリッ娘」を囲み必勝を誓う関係者ら

 ゆるキャラの全国人気ナンバーワンを決める「ゆるキャラグランプリ2017」に、富谷市公式キャラクター「ブルベリッ娘(こ)とブルピヨ」が初挑戦する。関係者は「少しでも上位に食い込み、富谷市の特産ブルーベリーを売り込んでほしい」と期待している。
 ブルベリッ娘とブルピヨは、ブルーベリーをモチーフにした妖精のキャラクター。昨年10月の市制移行に合わせ公式キャラとなり、市の各種イベントで活躍している。
 市役所で1日にあった出陣式で、若生裕俊市長は「富谷市としては初の参加となる。上位を目指して投票支援の輪を広げてほしい」と呼び掛けた。富谷小の児童19人も応援に駆け付け、1年高橋紗由さん(9)は「1位を目指して頑張って」とエールを送った。
 ブルベリッ娘とブルピヨの「公約」も発表され、「100位内に入ったら縫いぐるみを100個製作する」「50位内ならテーマソングを作る」と宣言し、会場を沸かせた。
 今年のグランプリには全国の自治体、企業などから1143体がエントリー。県内からは16体、東北からは69体が参加している。公式サイトでの投票は11月10日午後6時まで。上位100位は同18、19日に三重県桑名市で開催される決選投票に進む。


2017年08月17日木曜日


先頭に戻る