うたの泉(988)阿武咲の四股名みるたびふるさとの 阿武隈川を思い出すなり/宗形光(むなかた・こう)(1961年〜)

 「阿武咲」は青森県中泊町出身の幕内力士。作者の出身は福島県。現在は東京都在住。「阿武咲」の「阿武」という字を見るたび、同じ字を名に持つ故郷の「阿武隈川」のことを思い出している作者。故郷を遠く離れて都会に暮らす人間のペーソスが優しくユーモアにくるまれて歌われています。結句で「思い出すなり」とやや誇張して言ったところもユニークです。他に<見慣れたる故郷の風景現るる東京で見る特集番組>といった歌もあります。
(本田一弘)


2019年07月10日水曜日


先頭に戻る