<アングル宮城>熱烈歓迎スクラム 被災地釜石でラグビーW杯

<真剣>フィジー―ウルグアイ戦のスタンドで、両国の国旗を振りながら応援する地元の小中学生。右奥にあるのは、スタジアムが建設された場所から震災後に移転した釜石東中と鵜住居小の校舎

 日本の大活躍で熱く盛り上がったラグビーのワールドカップ(W杯)が終わった。東北で唯一の試合会場になったのが釜石鵜住居復興スタジアム。
 9月25日にはフィジー−ウルグアイ戦が行われた。2試合目(10月13日)のナミビア−カナダ戦は台風19号の接近によって中止になったが、釜石市の人たちは見事なスクラムを組んで選手や観客を迎えた。
 スタジアムの中にはラグビーの街・釜石のシンボルである大漁旗がはためき、外では高校生が「語り部」となって東日本大震災の様子を伝えた。台風19号の通過後には急きょ、ナミビアとカナダの選手が地元被災者の支援に乗り出した。
 8年半前、巨大な津波に見舞われた釜石にとって、ラグビーは今もかけがえのないスポーツ。訪れた人たちとの温かな交流は、多くの被災者を元気づけた。
(写真部・坂本秀明、佐藤将史)


2019年11月04日月曜日


先頭に戻る