<NPOの杜>認定NPO法人知ってる?

 12月1日はNPO法が施行された記念の日。宮城県にNPO法人第1号が誕生したのは、施行翌年の1999年3月15日。白石市の「蔵王のブナと水を守る会」でした。
 20年たった今、宮城県内のNPO法人数は820。いろいろな分野でさまざまな活動を展開し、社会の認知度も高くなってきました。 
 寄付すると寄付者に税の優遇措置がある認定NPO法人と特例認定NPO法人も増えてきました。現在、県内の認定NPO法人は23法人。これらの団体に寄付して確定申告を行うと、税の優遇措置を受けることができます。
 例えば個人が寄付し、税額控除を選択した場合、寄付額から2000円を引いた金額に、国は40%(所得税から)、県・市町村(一部を除く)は合わせて10%(住民税から)を掛けた額が還付されます。5000円寄付したなら確定申告で1500円が戻ってきます。
 この制度は認定NPO法人に限ったことではありませんが、寄付で社会貢献した上に税金が戻ってくる仕組みは何かしらうれしい気がします。
 認定NPO法人の団体名は、宮城県http://urx2.nu/O6Ce、仙台市http://urx2.nu/O6C9をご覧ください。
(認定NPO法人杜の伝言板ゆるる 大久保朝江)


2018年12月10日月曜日


先頭に戻る