<入試のツボ>第一、二問の完答を/公立高直前対策(2)数学

 新制度の公立高入試まで2カ月を切った。今からでも得点アップへできることはある。今回は数学の直前対策を紹介したい。
 昨年の数学の平均点は前期選抜が44.1点、後期選抜が45.9点と唯一の40点台で、他教科よりも10〜20点低い。数学で50〜60点を取れば、ライバルに大きく差をつけることができる。
 全体として難易度はやや高いが、落とせない基礎問題や差がつく標準レベル問題をしっかり練習すれば、今からでも十分に点数アップが可能だ。
 まずは第一問の小問は全問正解を目標にしよう。計算問題や方程式が中心で、難易度は基礎レベルがほとんど。平均30点と配点が大きいので、多少時間をかけても完答を目指そう。
 第二問は、例年四つの分野・単元から2題ずつ、合計8問程度出題されている。標準レベルの問題で、教科書の内容をしっかり理解しておけば解ける。ここでも完答を目指して約30点の上乗せを狙おう。
 二つの大問で満点を取れば、60点以上の得点が可能だ。一部の難関校を除けば、第三問以降の難問に多くの時間と労力をかけるよりも第一問と第二問を完璧に解く訓練をした方が効率良く点数を伸ばせる。
 対策は教科書の章末問題を解き直すこと。実力テストや模試で数学が伸び悩んでいるなら、教科書やワークを復習して、ミスなく解くことが重要だ。
 ケアレスミスは易しい問題、できたと思った問題で起きやすい。過去問や演習問題に取り組む際は、答え合わせの前に見直しの時間を必ず設け、計算過程を一行一行チェックしよう。見直しの癖を付けることが、本番でのミス防止につながる。
 時間は残り少ないが、ポイントを押さえた学習で高得点を狙ってほしい。
(家庭教師のトライ・阿部正純教育プランナー)


2020年01月18日土曜日


先頭に戻る