<サンゴ礁の生き物たち>(12)水流ポンプ/海の環境に近づける

流量固定型ポンプ
出力調整・モード可変ポンプ

 こんにちは。今回は海水魚飼育で使用する「水流ポンプ」についてお話しします。水槽内に設置して水の流れを作るための器具です。水槽内の水の動きはとても重要な要素で、特に海水魚の飼育では飼育環境に大きく影響します。
 淡水の川などの水の流れは、高い所から低いところに一定方向への動きですが、海の場合はそのような単調な流れではありません。押し波、引き波、満潮、干潮、湾内の静かな流れ、外洋の大きくうねった激しい流れと複雑に海水が動き、絶えず変化します。そのような強弱のある複雑な水の流れは、生物に必要な食べ物や酸素、栄養素を運びます。さらに汚れた成分は水の流れによって分解者であるバクテリアのもとへ運んだり、養分として利用する海藻などの植物のもとへ運んだりして、さまざまな過程を経て浄化されていきます。
 このような働きを水槽内にもたらす必要があるのです。水槽内の流れを自然界の海と全く同じように再現するのは不可能ですが、より近づけることは可能です。濾過(ろか)フィルターから排水される水の勢いで飼育水の循環が行われるのですが、それでは不足しているので水流ポンプを設置します。
 水流ポンプには性能として吐き出す流量が決まったものがいくつかラインアップされて出ています。水槽のサイズ、奥行きなどによってポンプの性能を選び、1台の設置から複数台の設置で水槽内に複数の流れを作ります。たくさん設置すればいいわけではなく、水の動きが速い所、緩やかな所を作る必要があります。ポンプを一度にたくさん設置すると流れが速すぎて中の生体がかえって調子を崩しますので、1台ずつ設置して流れをよく確認していきましょう。ポンプごとに設置目安がありますので参考にしてください。
 現在、最新の水流ポンプはとても優れた性能と機能を持ちます。複数のプロペラによって柔らかい静かな流れから太くうねるような流れを再現し、さまざまな海中シーンに合わせた運転プログラムが搭載されており、1台の設置で水槽内に複雑な水流を簡単に作り出せるのです。水の動きが良くなると魚たちも元気に泳ぐことでしょう。
(観賞魚専門店経営)


2020年06月26日金曜日


先頭に戻る