<東北の本棚>多彩な実習や課外活動

農業高校へ行こう! 全国農業高等学校長協会監修

 農業高校の魅力を伝えようと、全国各地の教育実践を紹介するガイドブック。農家向けの家庭雑誌「家の光」で2013〜19年に掲載した記事に加筆した。地域特性を生かした実習や課外活動はバラエティーに富み、進路を考える中学生はもちろん、世代を問わず楽しめそうだ。
 30校を紹介。東北は五所川原農林(五所川原市)三本木農(十和田市)宮城農(名取市)安達東(二本松市)の4校を取り上げた。
 東日本大震災の津波で旧校舎が全壊し移転した宮城農では、津波を生き延びた乳牛の子を世話する生徒5人の奮闘をたどる。拡張現実(AR)の技術を使う被災地ツアーを考案したプロジェクトにも着目。メンバーが活動に込めた思いを伝える。
 五所川原農林については、15年に高校として日本で初めて取得した国際認証「グローバルGAP(農業生産工程管理)」を紹介。三本木農は殺処分されたイヌやネコの骨を土に混ぜ、花を育てており、生徒が命の尊さを語る。安達東は養蜂実習の様子を描く。
 農業高校ゆかりの著名人のインタビューには、庄内農(鶴岡市)のOBウド鈴木さんや昨年の全国高校野球選手権大会で準優勝した金足農(秋田市)の中泉一豊野球部監督らが登場。各地の高校自慢の加工品なども掲載した。
 家の光協会03(3266)9029=1728円。


2019年09月01日日曜日


先頭に戻る