<まちかどエッセー・小林隆>中国語由来のズンダ

小林隆[こばやし・たかし]さん 東北大方言研究センター教授。1957年新潟県生まれ。東北大国語学研究室を経て国立国語研究所研究員。2004年東北大文学部教授。博士(文学)。専門は方言学。著書に『ものの言いかた西東』(岩波新書)、『とうほく方言の泉』(河北新報出版センター)など。仙台市青葉区在住。

 「学校」「病院」「経済」「法律」「自由」。これらはいずれも中国語から日本語に取り入れられた漢語である。この漢語、硬い印象の言葉も多いから、方言とは無縁のように思われるかもしれない。ところが、方言の中にも漢語は数多く入り込んでいる。かなり姿を変えているから簡単には見破れないが、素性を尋ねると意外にも漢語だったというものが結構ある。
 その一つがズンダである。あの枝豆をすりつぶし、砂糖で甘く味付けしたズンダ餅のズンダである。「豆打」説などいくつか語源説があるが、どうやら漢語「糂汰(ジンダ)」に由来するようだ。この言葉は室町時代には京都で使われていたことが当時の文献からわかっている。その後、各地に広まり方言に定着した。東北の太平洋側では発音上「ジ・ズ」の区別がなくどちらかといえばズに近く発音されるから、ジンダはズンダになったわけである。
 ほかにも、恥ずかしいの「オショシー」、かわいそうの「モゾイ」、怒るの「ゴシャク」は、それぞれ「笑止」「無残」「後世」などの漢語が関わっていると言われる。いずれも元が漢語であることをまったく感じさせず、すっかり方言の中に溶け込んでいる。
 ところで、何となく寂しく退屈なことを東北方言で「トゼンダ」と言う。これも漢語で「徒然(トゼン)」が語源である。待てよ、「徒然」なら『徒然草』を「トゼンソウ」と読んで先生に怒られたぞ、などという記憶がよみがえるかもしれない。こちらは「つれづれぐさ」が正しい。しかし、「つれづれ」も「徒然」も意味はほぼ同じ。前者が日本古来の和語で、後者が中国語由来の漢語という違いである。
 この場合、有名な「つれづれ」は貴族や知識人などごく限られた階層の文学用語だったらしく、一般の人々はほとんど使用しなかった。一方、「徒然」は漢語でありながら日本語に馴染み、庶民の間に広まることで方言となっていった。
 なあんだ、そうと知っていれば、「トゼンソウ」と言って怒られたとき、大いに弁解できたのになあ、という声も聞こえてきそうである。
(東北大方言研究センター教授)


2020年07月20日月曜日


先頭に戻る