<まちかどエッセー・小林隆>ジェジェジェとバババ

小林隆[こばやし・たかし]さん 東北大方言研究センター教授。1957年新潟県生まれ。東北大国語学研究室を経て国立国語研究所研究員。2004年東北大文学部教授。博士(文学)。専門は方言学。著書に『ものの言いかた西東』(岩波新書)、『とうほく方言の泉』(河北新報出版センター)など。仙台市青葉区在住。

 東北の人はよく驚くように思うが、それは私だけだろうか。例えば、AさんとBさんが正月の福引に出掛け、Aさんが大当たりを引いたとしよう。すると、次のような会話が交わされる。
 A:オ。
 B:アラ イゴド。
 A:イヤヤヤヤイヤ。
 B:イア ナント。
 これは実際に気仙沼で聞いた会話である。歓喜や恐縮、称賛といった心情が、幾重にも表現されている。
 東北人が驚きを口にしやすいということは、それを表す言葉も豊富だということになる。ジェジェジェとバババはその代表格であろう。ジェジェジェはNHKの「あまちゃん」で有名になった。もとは岩手県久慈地方だけでなく、もう少し広範囲で使われていた。類似のジャジャジャは今でも岩手の各地で聞かれる。一方のバババはアバという言い方もあり、三陸地方と秋田で耳にする。
 ところで、「あまちゃん」が放送されたとき、長崎県対馬の人たちが驚いたという。そこでもジェを使うからである。岩手と長崎、この遠く離れた一致をどうみたらよいか。有力な考え方は、元が一つだったということである。つまり、かつての京の都にジェやジャという驚き方があり、それが東西に伝わったと考える。それならばと古い文献を調べると、案の定、室町末期の狂言の台本に、ジャが現れる。泥棒に入られた家の主人が「じゃ、盗人であろうぞ」と声をあげる場面である。同様に、バやアバも九州・沖縄に類似の驚き方が見つかる。こちらは、ジャ・ジェよりさらに古い時代の言葉に由来するようだ。
 それならば、これらは単に古語の残存かというと、特に東北のものは、独自のアレンジが加わっている。それは、ジェジェジェと何回も反復したり、バと長く引き延ばしたりする技を持つ点である。先の会話の驚きぶりにもその特徴は現れていた。
 あふれ出る感情を自由自在に表現するために、みやこ言葉を自分たちの使い勝手のよいように作り替えてしまう。東北人は、実はこのあたりが非常に上手なのである。
(東北大方言研究センター教授)


2020年08月24日月曜日


先頭に戻る