<まちかどエッセー・小林隆>あいさつ習慣と東北人

小林隆[こばやし・たかし]さん 東北大方言研究センター教授。1957年新潟県生まれ。東北大国語学研究室を経て国立国語研究所研究員。2004年東北大文学部教授。博士(文学)。専門は方言学。著書に『ものの言いかた西東』(岩波新書)、『とうほく方言の泉』(河北新報出版センター)など。仙台市青葉区在住。

 東日本大震災の被災地では、地元の人と支援者との間に、ちょっとしたコミュニケーションギャップが生じていた。いわゆるズーズー弁の発音や、ナゲル(捨てる)、コワイ(大儀だ)などの単語による不理解・誤解である。しかし、それらは十分予想されたことであるのに対して、あいさつに関する話題が出たのは意外であった。
 ある被災地に支援に入った横浜出身の介護士が次のように言っていた。「避難所で活動しているんですが、こちらが『おはようございます』と声を掛けても、地元の人は『おはよう』と返してくれません。随分違う土地に来たんだなと思いました」
 標準的な日本語の朝のあいさつは言うまでもなく「おはよう」である。「おはよう」と声を掛ければ、相手も「おはよう」と返してくる。その期待が裏切られたところにこの介護士の驚きがある。他の場面を見ても、東北地方は、他の地域に比べてあいさつをしない傾向が強いのは確かである。
 それでは、東北人はあいさつが期待されるところで何も言葉を発しないのだろうか。地元の人同士の会話に耳を傾けると、「早いね」「もう起きたの」「どこさ行くの」などと言っていることに気付く。つまり、早起きをほめたり、行動を確認したりしている。このように、標準語なら「おはよう」と言うべきところで、相手が今どうであるかを話題にする。型にはまったあいさつを交わすよりも、相手に関心を示すことを大切にするのが東北人なのである。
 あいさつは、本来、人間関係を円滑にするためにある。付き合いが希薄な社会で、当たり障りのない言葉を交換し、無用の摩擦が起こらないようにするのがあいさつの役割である。そう考えると、東北であいさつの浸透が遅れたこともうなずける。東北のような親密な社会では、そもそもあいさつという習慣はあまり必要がなかったのである。
 しかし、時代は変わり、東北もあいさつをせずにはすまされない社会に変貌しつつある。そこに、「おはよう」のコミュニケーションギャップが生じているのである。
(東北大方言研究センター教授)


2020年09月07日月曜日


先頭に戻る