<まちかどエッセー・小林隆>東北人のものの言い方

小林隆[こばやし・たかし]さん 東北大方言研究センター教授。1957年新潟県生まれ。東北大国語学研究室を経て国立国語研究所研究員。2004年東北大文学部教授。博士(文学)。専門は方言学。著書に『ものの言いかた西東』(岩波新書)、『とうほく方言の泉』(河北新報出版センター)など。仙台市青葉区在住。

 こういう話を耳にした。東日本大震災の折、新潟から派遣された保健師が避難所の一室で住民の血圧測定をしていた。すると、男性がいきなり「ケツアツー」と言いながら入ってきた。「用件分かってるでしょ」といった感じで。その突然さに、この保健師は大層驚いたという。同様に、神戸出身の介護士は、「回りくどい言い方をせず、ぱっぱっと単刀直入に話す」という印象を持った。東京からの行政支援者は、「飾り気のない言葉で、ポンと用件を投げ掛ける」という感想を抱いたそうだ。いずれも、東北人のものの言い方に関する話である。
 ところで、かつては近所に行きつけの個人商店があったものだが、そういうお店に入るとき、みなさんはどんな掛け声を掛けただろうか。仙台辺りは「モーシ」だが、「カウー」という言い方もあり、東北各地で聞かれる。語源はもちろん「買う」であり、来店の目的をストレートに表現している。その単純明快さは、先の「ケツアツー」に通じるものである。
 このように、東北人の話しぶりは、まさに単刀直入、飾り気がない。要点の周りを余計な言葉で衣付けしたりしない。この特徴は関西人とは正反対である。関西人にとって、一言で終わりというのはあり得ない。さまざまな言葉を駆使し、会話を味付けしようとする。関西人は言葉の信奉者で、言葉を上手に使えば何か物事がうまくいくと信じている。一方、東北人は言葉にそこまでの思い入れはない。話さずとも通じればそれでよく、余分なことは言わないに越したことはないと考える。被災地に支援に来た関西のボランティアが地元の人たちに敬遠されることがあったと聞くが、「よくしゃべる人は怪しい」という感覚が東北人にはあるからだろう。関西人にとって、あれこれ話し掛けるのは相手への「おもてなし」のつもりなのだが、それが東北人には伝わらない。
 発音や単語だけでなく、コミュニケーションの取り方にも地域差がある。そこが理解されないと、お互い、思わぬ誤解も生じてしまう。人と人との良き縁が、そんなことで傷ついてはつまらないであろう。
(東北大方言研究センター教授)


2020年09月28日月曜日


先頭に戻る