奥羽の義 戊辰150年

 今年は明治維新から150年。記念行事が開かれ、維新を称賛する言葉が飛び交う。だが、東北にとっては、戊辰戦争で諸藩が敗れたことにより、「賊軍」のいわれなき汚名を背負う契機となった。勝者が正しく、敗者に正義はなかったのか。実相を問い直すべく、史跡に刻まれる記憶をたどる。

特集

バックナンバー
先頭に戻る