<いぎなり仙台>いい湯だっちゃ![1]スパ泉ヶ岳(泉区)緑に囲まれ森林浴気分

森林浴が楽しめる露天風呂
木々に囲まれた環境にあるスパ泉ケ岳=仙台市泉区福岡

 四方を木々の緑に囲まれた露天風呂に漬かると、まるで森の中にいるような気分になる。杉や竹の木立から、鳥のさえずりが聞こえる。夜は満天の星空が広がり、市内の夜景を望める。
 温泉施設のスパ泉ケ岳は、仙台市泉区の泉ケ岳(標高1172メートル)の麓にある。JR仙台駅から車で40分ほど。地元の常連客に加え、今の季節はスキーやスノーボード帰りの老若男女が訪れる。
 地下約1000メートルから湧き出る温泉は、刺激が少ない低張性弱アルカリ性泉質。「塩化物泉なので保温効果が高く湯冷めしにくい」。従業員の半沢正芳さん(39)が教えてくれた。
 内風呂でもガラス越しに森林浴を楽しめる。横になって入浴する寝湯もあり、ゆっくり体を温められる。キャンピングカーで車中泊ができる「RVパーク」も併設している。
 朝に週2回は訪れるという泉区将監の無職岸谷広志さん(75)は「古里の山、泉ケ岳の近くでゆったりできる雰囲気が気に入っている」と話す。
(藤沢和久)
      
 仙台圏の名所や話題を取り上げるシリーズ「いぎなり仙台」。今回は寒さを忘れて気分はほっこり、癒やしのスポットになっている日帰り温泉を紹介します。

[スパ泉ケ岳]仙台市泉区福岡字上鼬原(かみいたちばら)12の9。営業は午前10時〜午後7時。土、日曜と祝日は午後9時まで。水、木曜定休(祝日の場合は営業)。入浴料は中学生以上800円、小学生300円。市地下鉄仙台、泉中央両駅から1日1往復、送迎バスが出る。連絡先は022(376)6111。


2020年01月14日火曜日


先頭に戻る