裁判員裁判・東北の10年

 一般の市民が裁判官と一緒に刑事裁判を担当する裁判員制度は5月21日で導入から丸10年を迎える。市民に身近な裁判の実現に一定の効果はあったが、開始当初からの課題や新たに見えてきた問題も横たわる。10年の歩みを振り返り、今後を展望する。

特集

バックナンバー
先頭に戻る