データ
平成最後の県議選開票結果(2015年)
平成最初の県議選開票結果(1991年)

投票率過去最低 仙台・宮城野では27.23%

 投票率は過去最低だった前回2015年(40.03%)を5.23ポイントも下回る34.80%にまで落ち込んだ。候補者は台風19号の影響や、参院選と地方選が重なった「亥(い)年選挙」による支援者の疲弊を要因に挙げ、「こんなに反応が悪い選挙はもうこりごりだ」と嘆いた。
 最も投票率が低かったのは、仙台市宮城野区の27.23%。若林区は28.18%、太白区は30.36%にとどまった。
 台風被災地を抱える自民現職は、支持者らの自宅が相次いで浸水。「『選挙どころではない』との空気があった。票が動かなかった」と苦しさを吐露した。
 「完全に選挙疲れ。自分も周りもくたくただ」と漏らすのは、ある野党現職。東日本大震災後、被災地の投票環境を踏まえて選挙日程を分けた特例に触れ「本腰を入れて再統一の議論に臨むべきだ」と語った。


2019年10月28日月曜日


先頭に戻る