学童保育 人手足りぬ 狭い空間 密集心配

学童保育のスタッフが見守る中、手指の消毒をする子どもたち=2日、秋田市

 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染防止策として政府が要請した小中高校などの一斉休校が2日、東北の多くの自治体でも始まった。公共施設も休館が相次ぐ中、子どもたちは放課後児童クラブ(学童保育)や受け入れを表明した小学校など、限られた場所で時間を過ごした。現場からは人手不足に加え、狭い空間に子どもが密集する状況を危ぶむ声が上がる。

 「教員の助けがあり、なんとか受け入れられた」。岩手県紫波町の学童保育「日詰こどもの家」所長の伊藤たけ子さん(65)はほっと胸をなでおろす。
 施設には午前から登録児童66人のうち30人が来所。町教委は施設職員5人のこどもの家に、日詰小の教員2人と非常勤講師2人を派遣した。伊藤さんは「この状態が春休み明けまで続くと施設単独での対処は難しい」と表情を曇らせる。
 登録児童120人のうち、80人を受け入れた米沢市の学童保育「たんぽぽクラブ」も、スタッフの確保に頭を痛める。施設長の渡部真樹さん(49)は「子育て中のスタッフが多くシフトを組むのが難しい。みんな協力的だが、かなり無理な状況だ」と明かす。
 狭い空間で子どもを預かることへの不安も相次ぐ。
 福島県国見町の学童保育「国見子どもクラブ」は、利用登録のある1〜6年生の児童約100人のうち約50人を受け入れた。職員の藤田誠也さん(66)は「学校より児童同士の距離が近くなってしまう。感染者が出てしまったらと考えると怖い」と警戒を強める。
 保護者が仕事などで不在になる児童を受け入れた仙台市の上杉山通小には、児童67人が訪れた。教室や図書室を開放し、室内では見守り役の教職員が席を空けて座るよう指示した。
 今野孝一校長は「子どもたちは普段と変わらない様子で過ごしている。手洗いやアルコールによる手指の消毒を徹底し、感染予防に努めたい」と話した。
 秋田市築山小1〜3年の児童36人を受け入れる学童保育「ひばりクラブ」には午前から25人が集まり、学校のグラウンドで遊んだり室内でボードゲームをしたりして過ごした。
 両親が共働きで、祖父母も都合が合わなかったため、学童保育を利用したという3年高橋奈那子さん(9)は「友だちに会えるのはうれしいけれど、やっぱり学校に行きたい」と本音を漏らした。


2020年03月03日火曜日


先頭に戻る