仙台六大学野球開幕は来月18日 勝率制で優勝決定

 仙台六大学野球連盟は24日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、4月11日に仙台市の東北福祉大球場で開幕予定だった春季リーグ戦を18日に延期すると発表した。従来の2戦先勝の勝ち点制ではなく、2回戦総当たりの勝率制で優勝を決める。
 連盟は期間中、観客のマスク着用を呼び掛けるほか、入場口にアルコール消毒液を用意するなどして感染防止に努める。応援団やチアリーダーの活動は自粛を求める。
 勝率制で王者を決めるのは、東日本大震災後に行った2011年春季リーグ戦以来9年ぶり。菅本昭夫事務局長は「今後も全国の状況を確認しながら選手、観客の安全確保をしていく。野球に集中できる環境をつくりたい」と話している。


2020年03月25日水曜日


先頭に戻る