県立高と支援校、新学期から再開 岩手県教委が方針

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う学校休校について、岩手県教委は24日、県立高と特別支援学校の授業を4月の新学期から再開する方針を固めた。県内市町村の小中学校や私立学校も同調するとみられる。
 県教委は、学校再開を容認する文部科学省の通知を踏まえて検討。県内で感染者が発生しておらず、手洗いなど対策を徹底すれば学校生活が可能と判断した。
 文科省は児童生徒にマスク着用を求めているが、県教委は「マスク不足は続いており、国が責任を持って確保するべきだ」と要求している。


2020年03月25日水曜日


先頭に戻る