新年度に1都3県から応援の派遣職員6人、自宅待機に 山元町

 宮城県山元町は5日まで、東日本大震災の復興支援のために首都圏などから新年度に派遣された職員6人を自宅待機にしている。新型コロナウイルスの感染拡大の防止策で、6日に辞令を交付する。
 町の派遣職員は23人で新規派遣は12人。このうち東京都新宿区、横浜市、兵庫県朝来市など感染者が50人以上確認されている1都3県の6人が対象。
 町総務課は「状況を考慮し、やむを得ず待機してもらうことにした。その後、町のために力を発揮してほしい」と話す。


2020年04月05日日曜日


先頭に戻る