宿泊・飲食施設に営業自粛を要請 福島・檜枝岐村

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、福島県檜枝岐村は16日、村内の全ての宿泊・飲食施設に営業自粛を要請した。村観光課によると対象は約30事業所と公共の温泉3施設。期間は17日〜5月22日で、おおむね受け入れる意向という。
 毎年5月12日に開催する愛宕神祭礼奉納歌舞伎(檜枝岐歌舞伎)公演は中止となる。尾瀬山開きに伴う同23日のシャトルバス運行開始前までの自粛を見込む。
 村の人口は約600で、山あいの狭いエリアに密集して暮らしている。星明彦村長は「感染者が出ると、一村一集落の住民生活に大きな支障を来す。最大限の防御策として理解してほしい」と説明する。


2020年04月17日金曜日


先頭に戻る