福島で高齢者ら5人感染

 福島県は28日、二本松市のサービス付き高齢者向け住宅に入居する80代男性ら5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。この住宅の入居者と職員の感染者が計5人となり、県はクラスター(感染者集団)に当たるかどうかを調べる。
 この住宅では、これまでに入居者3人と職員1人の感染が判明していた。他に感染したのは、いずれも郡山市の50代男性、40代女性、60代の男女2人。60代の男女2人は、27日に感染が判明した高齢者向け住宅の入居者の90代男性の家族。
 県によると、感染した入居者のうち複数人は陽性判定前に誤嚥(ごえん)性肺炎と診断されて医療機関に入院していたため、現時点では高齢者向け住宅が起点のクラスターと断定できないという。


2020年08月29日土曜日


先頭に戻る