新型コロナ感染者の誹謗中傷防止 石巻商議所がポスターを配布

誹謗中傷防止を訴えるポスターと感染防止対策ステッカー

 石巻商工会議所は、新型コロナウイルス感染者に対する誹謗(ひぼう)中傷の防止を呼び掛ける啓発ポスターを作製した。中傷をなくし、消費者の外出自粛や経済活動の縮小を防ぐのが狙い。
 ポスターはA2判。新型コロナは「誰にでも感染する可能性がある」と記載。「誹謗中傷『しない』『させない』『傷つけない』」と強調している。3000枚を作り、2200の全会員事業所に配る。
 縦、横とも12センチの感染防止対策ステッカー3500枚も作った。従業員のマスク着用、物品の小まめな消毒といった10項目のチェックシートに記入した上で事務所内に掲示してもらう。
 石巻市内では7月上旬に初めて感染者が確認されたが、感染者個人の行動や勤務先を非難する動きが一部であったという。
 商議所の尾形輝雄事務局長は「事業者が誹謗中傷の対象になれば売り上げ低下などを招き死活問題だ。人と地域を守るため中傷をなくしたい」と話している。


2020年09月15日火曜日


先頭に戻る