石巻の石陸運輸、破産手続き開始 コロナ関連か

 中古自動車運送業の石陸運輸(宮城県石巻市)は17日までに、仙台地裁石巻支部から破産手続きの開始決定を受けた。決定は8日付。帝国データバンク仙台支店によると、負債額は約4900万円で、新型コロナウイルス関連倒産とみられる。
 石陸運輸は1987年創業。中古車オークション会場や港からの車両陸送を中心に、引っ越しに伴う個人向け自動車運送も手掛け、2007年3月期には売上高約1億3000万円を計上した。
 近年は消費低迷による受注減少や競合激化で採算が悪化し、20年3月期の売上高は約2400万円まで落ち込んだ。新型コロナで受注はさらに減り、5月末に事業を停止していた。


2020年09月18日金曜日


先頭に戻る