鹿島タクシーが事業停止へ 全乗務員解雇

 鹿島タクシー(仙台市宮城野区)がタクシー事業を停止して全乗務員を解雇する方針を決めたことが16日、関係者への取材で分かった。新型コロナウイルスの影響による売り上げ減少などが要因とみられる。
 関係者によると、会社側は15日、仙台市内で説明会を開催。乗務員約40人にタクシー事業をやめることや11月15日付で解雇する方針を伝えた。説明会以前に事業終了などの話は出ていなかったという。
 10月15日以降、タクシーは稼働していない。会社側は取材に対し「話をできる人が不在で対応できない」と話した。
 民間信用調査会社などによると、鹿島タクシーは1975年創業。市内で駐車場業も手掛けている。


2020年10月17日土曜日


先頭に戻る