<B2仙台>感謝祭でファンと交流深める

 バスケットボール男子、B2仙台は13日、仙台市のHALEOドームで、選手とブースターが交流する「仙台89ERSファン感謝祭 2018」を開いた。
 選手12人と高岡大輔監督やチームスタッフが参加。柳川龍之介主将が「苦しく厳しいシーズンだったがみなさんの応援があったから乗り切れた」とあいさつした。
 ブースターと選手が4チームに分かれて競う運動会などで交流を深めた。最後は嶋田基志が音頭を取り「ゴーゴーナイナーズ」コールで締めた。


2018年05月14日月曜日


先頭に戻る