<B2仙台>桶谷大監督が41歳の誕生日 山形戦後に関係者から祝福

誕生日を迎え祝福される桶谷大監督(右)

 B2仙台の桶谷大監督が23日に41歳の誕生日を迎え、ゼビオアリーナ仙台(仙台市)の山形戦後に関係者から祝福された。
 記者会見の終盤に、対戦相手の小野寺龍太郎監督がケーキを持って登場すると、驚きの表情を隠せないまま受け取り、「こんな重いケーキを持つのは初めて」と喜んだ。今季最多3386人が集まったアリーナで選手もハッスル。桶谷監督は「コーチのために勝つという気迫で、つくりたいチームの姿を見せてくれた」と目尻を下げた。
 チームは現在、東地区3位でリーグ戦の折り返しを迎えようとしている。「B1に昇格してドラマチックな1年にしたい」と抱負を語った。


2018年12月24日月曜日


先頭に戻る